熊本デザイン専門学校

設備紹介

プロの環境で、スキルを磨く

授業はもちろん、休み時間、放課後も特別教室はすべて自由に使用できます。

社会に出た時に即戦力として活躍できる人材を育成するため、プロ仕様の最新機材を揃えています。
施設・設備は全て常時解放し、自由に使える環境となっています。

  • 第1・第2・第5CG室
    課題製作などのために、放課後でも自由に使えるよう常時解放。

    第1・第2・第5CG室

    デザイナー必須アイテムであるMac。課題製作などのために、放課後でも自由に使えるよう常時解放。

  • カメラスタジオ
    作品の撮影や人物撮影などに必要な環境を整備。

    カメラスタジオ

    作品の撮影や人物撮影などに必要な環境を整備。照明の使い方、適切な構図など、必要な技術を学べます。

  • パターンソーイング室
    服づくりに欠かせないミシンも多数導入。

    パターンソーイング室

    服づくりに欠かせないミシンも多数導入。広々としたスペースで服づくりに没頭できます。

  • ワークステーションルーム
    3次元フルCG、HDノンリニア映像編集に対応したマシン。

    ワークステーションルーム

    3次元フルCG、HDノンリニア映像編集に対応したマシン。

  • 3D・CAD室
    3次元CGにも対応したマシンを導入しています。

    3D・CAD室

    設計図面を制作するCADは、3次元CGにも対応したマシンを導入しています。

  • ドラフター室
    設計の基本となる図面の描き方を学びます。

    ドラフター室

    プロの建築士が実際に使用しているドラフター、設計の基本となる図面の描き方を学びます。