TOP > 卒業生バトンリレー

卒業生バトンリレー

熊デザから卒業した、たくさんの卒業生。現在はどんな仕事をしているの?
この卒業生バトンリレーのページでは、卒業生の間で、書いた人が次の卒業生を指名しバトンを渡してもらいます。
指名バトンを受け取った卒業生は、熊デザ時代のこと、今はどんなことをしているか、今ハマっていることなど、
さらには食べ物の好き嫌いなどまで、思い思いに書いてもらいます!次はアナタかも!

14期生 グラフィックデザイン科卒業

丸山 美南帆 さん

maruyama.jpg


maruyama4.jpg
こんにちは!
熊デザ卒業後もよく一緒にゲームして遊んだ松永君からバトンが回ってきました。
14期生GD科の丸山美南帆です。
長いことバトン止めてて本当にすみませんでした!

私は小さい頃から絵を描くことが大好きで、高校生の頃に「デザインの勉強がしたい!」と思って熊デザに入学しました。
学生時代はとにかく要領の悪い子で(まぁそれは今も変わってませんが)、高峯先生からよく、「まるちゃんは計画性がない」と言われたものです(苦笑)

学校生活で印象に残っている授業は、断トツで雑誌編集企画・制作の授業でしたね。
自分達で一から企画し、撮影、取材、編集するエディターの作業がここまで大変なものだとは想像がつかなくて、個人的には卒業制作以上に大変だった思いがあります...。

けれど数ヶ月かけてエディター12人みんなで作り上げた雑誌は、非常に感慨深いものになったと思います。
最初はバラバラだったみんなの気持ちも制作を通して1つになり、結果みんながとても満足できる良い雑誌になりました!
根性もかなり叩き直されましたしね。笑


授業以外では、個性溢れる友人達と共に過ごす時間が本当に本っ当に楽しくて仕方なかったです!
バイトのない日はほぼ毎日教室に残って喋ったり、一緒に課題をしたり、映画鑑賞部という部活?のようなものを作ったり、仲良し女子6人でG*girlsというグループを作ったりと、2年間という短い期間ではあったけどとても充実してました!



熊デザを卒業後は、広告美術業という職種に就きました。仕事内容は主に看板のデザイン、製作です。
看板の図面を作る専用のソフトを使って仕事をしています。
覚えることは山程あったけど、少しずつ慣れ、1人でお客様のところへ打合せへ行き、デザインを提案し、そのデザインが看板の形になった時は本当に嬉しかったです!

そして、去年は全九州広告美術コンクールで、
熊本県広告美術協同組合理事長賞をいただくことができました!!
(結構上位の賞です!)

5年間仕事をしてきて、1番嬉しかった出来事です。改めてこの仕事の楽しさを感じました。

雑誌を作った時も、賞をとった時も、頑張ったら頑張った分だけ結果として必ず返ってくるんだと思いました。
だからまずは何事も、一生懸命やることが大事なんだと思います。


...物凄く長くなりましたね;
今年も新たな目標を立てて、頑張っていこうと思っています!
ありがとうございました!
 

次はG*girlsの、ゆきちゃん! よろしくー♪

14期生 GD科 松田 幸子 さん

今までに紹介した卒業生
SPECIAL CONTENTS
熊デザスペシャルコンテンツ!卒業生からの役に立つアドバイス&メッセージや在校生のリアルな学校生活の話などおもしろい話がいっぱい!「熊デザ職員室」では本校のスタッフをご紹介をいたします。スペシャルコンテンツを見れば熊デザのことをもっと知ってもらえます!