TOP > 卒業生バトンリレー

卒業生バトンリレー

熊デザから卒業した、たくさんの卒業生。現在はどんな仕事をしているの?
この卒業生バトンリレーのページでは、卒業生の間で、書いた人が次の卒業生を指名しバトンを渡してもらいます。
指名バトンを受け取った卒業生は、熊デザ時代のこと、今はどんなことをしているか、今ハマっていることなど、
さらには食べ物の好き嫌いなどまで、思い思いに書いてもらいます!次はアナタかも!

15期生 ファッションデザイン科卒業

渡邉 英太 さん

watanabee.jpg


はじめまして!
ヒサくんから紹介にあずかりました!
15期生、ファッションデザイン科、渡邉英太です!!

そしてごめんなさいm(__)m!!
バトンを一ヶ月以上も止めてしまいました(TT)!
ご迷惑おかけしました!とくにヒサくんごめんなさいでした!今度なんかおごるよ!

では、挨拶もそこそこに本題行きましょう!
僕は今、『ワールドインダストリーファブリック宮崎技術研究所』という縫製工場でいています。
ザックリ言うと洋服を作ってます!
ワールドというと皆さん結構聞いたことあるんじゃないですかね?
主なブランドで言うと『INDIVI』『OZOC』『TAKEO KIKUCHI』などを手掛けております。
鶴屋なんかにも入ってるんで買ってくださいー!・・・・・話がそれました!笑

僕は熊デザに入ったとき、販売の仕事がしたいなぁと漠然と思っていました。
ですが学してからの2年間で縫製も面白いなぁと思いまして。
そう思ったきっかけは、僕作った服をモデルが着て、ファッションショーのステージを歩いて。それだけなんすけどなんか面白くて。どうせだったらもっとすげーの作ったらもっと面白いんじゃないかって。それがきっかけ。当時は就職氷期だったのですが、ワールドに行って良かったと思います。
ワールドは全国に工場を持っていて、宮崎はそのなかでマザー工場として動いています。国内工場のトップとして様々な設備が充実しており、とてもいい環境で仕事ができます。かわりにやることも多くて大変ですがwww

縫製面では学生の頃よりもかなり力がついたと思います。ですがまだまだ上司や先輩たちには到底及びませんので日々、覚えることだらけです。でも先輩もいい人たちばかりなので楽しく仕事が出来ています。それもこれも熊デザで自分のしたいことを見つけることが出来たからだと思います。
やっぱりやりたいことやってる方が面白いしね(^^)w

では最後に。
今、やりたいことがない人。何をやればいいのか分からない人。別にそれでいいと思います。
それじゃダメっていう人もいるかもしれないけど、僕はいいと思うんです。
テキトーにしてたって生きていけるし、将来のことなんて誰も分かりませんから。
大事なのはやりたいことが見つかった時の行動力だと思います。
何歳になっても遅いなんてことないと思うので。

僕もやりたいことが見つかって行動して、そしたら自然と目標みたいなものも出てきて。今は、京都でやりたいことがあるからそのために頑張っています。いつ行けるかは分かりませんがw

文章がへたくそで分かりにくかったと思いますが、最後まで読んでくれてありがとうございました。
全然締まりませんけど、ここらへんで無理やり締めますwww

ではそろそろバトン回しちゃいましょー!!
次回はファッション科の先輩で同じ職場の先輩でもある、宮本はるかさんにバトンタッチっす!
じゃあよろしくはるちゃん!\(^o^)/

14期生 FD科卒 宮本 春香 さん

今までに紹介した卒業生
SPECIAL CONTENTS
熊デザスペシャルコンテンツ!卒業生からの役に立つアドバイス&メッセージや在校生のリアルな学校生活の話などおもしろい話がいっぱい!「熊デザ職員室」では本校のスタッフをご紹介をいたします。スペシャルコンテンツを見れば熊デザのことをもっと知ってもらえます!